歯の豆知識

2015年6月10日 水曜日

Q:歯磨きをしていますが虫歯になります,なぜ?

A:歯磨きをしても虫歯ができてしまうということですね。それは残念ながら
今の歯磨きだけでは、十分な虫歯予防ができていないと言うことです。ブラッシングの仕方を工夫したり、デンタルフロスなどを利用して隅々まで清潔にすることが必要です。他にも注意してください。
①ダラダラ食いストップ!・・・飲食の回数が増えると、プラーク(歯垢)とよばれる細菌のかたまりが出す酸に歯が溶かされる時間が長くなるので、きちんと決まった時間に食べるようにしましょう。甘いものは、間食として食べるより、食後すぐが良いです。
②寝る前の歯磨きは特に重要!・・・就寝中は唾液の分泌量が減るので細菌が繁殖しやすい状態です。
③噛みごたえのある食品を!・・・咀嚼回数を増やすことで唾液の分泌量が増え、プラークの形成を防ぎます。
また、キシリトール100%のガムを噛んだり、フッ素配合の歯磨き剤の利用も有効ですよ。そして、歯科で定期的な検診を受けるとさらに良いですね。

投稿者 もり歯科医院