歯の豆知識

2015年9月 5日 土曜日

Q:クラウンをかぶせた歯でも虫歯になる?

A:はい。かぶせた元の歯は天然歯ですから、虫歯になる可能性はあります。
クラウンというのは、虫歯の治療などで歯を削った後にかぶせる人工の歯の
ことです。悪化してしまった虫歯や、根管治療をした歯にはクラウンをかぶせることが多いですね。素材は金属やレジン(プラスチック)、セラミック(陶器)などの種類があります。
さて、クラウンをかぶせた歯が虫歯になるのか?というご質問ですが、クラウン自体は人工物ですので虫歯にはなりませんが、歯周病などで歯茎が下がりクラウンと天然歯の間に隙間が生じると、そこから汚れが侵入し、クラウンの中が虫歯になってしまいます。これを「二次う蝕」と言います。クラウンと残っている歯の境目はとても虫歯になりやすい場所なので注意が必要です。クラウンの中が虫歯になれば、クラウンを外して治療し、もちろんクラウンは作り直さなければなりません。予防する手段は丁寧なブラッシング。特に根本の部分をやさしく丁寧に磨きます。そして歯科医院での定期的なチェックもお忘れなく!

投稿者 もり歯科医院