歯の豆知識

2015年9月26日 土曜日

Q:歯が黄ばんできたような気がします。何が原因でしょうか?



A:歯の黄ばみの原因は、大きく分けて、2つあります。一つ目は、加齢によるもの、2つ目は、生活習慣によるものがあります。

黄ばみの原因のひとつは加齢によるものです。歯の象牙質といわれる部分の
黄ばみが強くなり、その上を覆っている半透明のエナメル質の厚さが薄くなるので、歳をとると歯が黄ばんで見えるようになります。また、生活習慣による黄ばみの原因は色のつきやすい食べ物です。代表的なものはコーヒー、紅茶、カレー、赤ワイン、キムチなど。時間が経つと歯に色素が沈着してしまうので、食後はすぐに口をすすぐなどのケアをすると色がつきにくくなります。

なかでも、歯を黄ばませる一番大きな原因はタバコ。タバコを吸っているとクロスや天井がヤニで黄ばみ、その汚れもなかなか落ちませんね。同じようにタバコを吸う人のお口はヤニが頑固にこびりつき、歯を一段と黄ばませてしまいます。黄ばみ予防には、生活習慣を見直したり、普段のブラッシングを丁寧に行うことはもちろんですが、歯科医院で歯のクリーニングを利用するのも良いと思います。笑った時にちらりと見える白い歯は、美人度を上げてくれますよ♪

 それでも、色が気になる方は、ホワイトニングがお勧めです。当院では、しみが少なく効果が出やすい、クリスタルホワイトニングを採用しています。より白く、家でじっくり白くしたい方には、ホームホワイトニングもご用意しております。
http://www.kokura-kyousei-sika.com/menu/whitening.html

投稿者 もり歯科医院