院長コラム

2015年11月 2日 月曜日

大口式インプラントの勉強会に行って参りました。

 福岡で行われた、大口式インプラントの勉強会に行って参りました。ベーシックコースを受けるのは、7~8年ぶりの2回目です。
前回受講してから、オーギュメーターを数回使用したのですが、手が疲れて、これは実用的ではないと思い込んでいました。
 今回、鈴木先生の講演と、実習を受けて、これなら自分にも出来ると、確信しました。骨を極力削らない、安心、安全なインプラント治療をこれから心がけようと思いました。

みんな、真剣な表情で、実習に取り組んでいます。

豚のアバラの骨を、人間の顎の骨に見たたて、実習を行いました。オーギュメーターを使い、骨を削らず、小さな穴から、インプラントが入れられる大きさまで、広げて行きます。広げるだけで、骨を削らず、2本のインプラントを難なく入れることが出来ました。

太さのちがう、針のような器具が、10本以上あると思います。これを、順番に使用して、骨を削らずインプラントを入れるテクニックです。せっかく器具を持っているので、今後積極的に使用しようと思います。大口先生は、この方法で、アメリカの特許を取得しているそうです。





投稿者 もり歯科医院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30