歯の豆知識

2016年9月 3日 土曜日

間違った歯みがきしていませんか?

今日は、小倉南区,もり歯科医院の森です。皆さんはキチンと歯みがきをしていますか?きっと「毎食後磨いています」「寝る前に時間をかけて磨いてます」という方が多いと思います。
しかし、虫歯を防ごう、歯周病を防ごうと考えてしている歯みがきでも、間違った磨き方を続けていると、磨き残しによる虫歯や歯周病はもちろん、磨き過ぎによる知覚過敏や歯髄炎を引き起こすことがあるのです。そこで、間違った歯みがき習慣の例と、それを続けることで起きる症状をあげてみましょう。
歯ぐきの後退!知覚過敏!歯髄炎にも!間違った歯みがき習慣は、
①歯磨き粉をたくさん付け、力を入れすぎてゴシゴシ磨く
②横に大きく動かして3~4本の歯を一度に磨く
③硬すぎる歯ブラシを使用している等です。
④電動歯ブラシを長時間歯に当てる、この方法で磨き続けると・・・

◆歯茎が後退して、本来歯茎のなかにあるはずの歯根が露出してしまいます。
歯根には固いエナメル質がないために、とても虫歯になりやすい状態です。
今にも歯が折れそうですね。
◆加えて、エナメル質がない歯根には外部からの刺激が象牙質に直接伝わる
ので、「冷たい飲み物を飲むとしみる」「歯ブラシの毛先が触れると痛む」
などの「知覚過敏」が発症!

◆むき出しになった歯根を汚れと勘違いして更に乱暴な歯みがきを続けると、
 柔らかい象牙質は削り取られ、外からの刺激が更に歯髄に伝わりやすくなり
ます。周りに虫歯や歯周炎があった場合、それが歯髄にも波及しズキン
ズキンと脈打つような痛みを伴う「歯髄炎」を引き起こしてしまうことも!
間違った磨き方でトラブルを起こさないように、こんなことに気をつけて磨いてください。

①歯は一本一本やさしく丁寧に磨く②歯みがき剤は少量かナシでもOK
③特に根元には、強い圧をかけ過ぎない。④適度な硬さの歯ブラシで!
⑤最後にうがい薬を使うとgood
磨き方が分からないときはお気軽に声をおかけくださいね。
5人いる歯科衛生士がお一人おひとりに合った磨き方を丁寧にご指導させていただきます。
最近は、歯周病に特化した、歯ぐきのトレーニングも行っております。
引き締まり、出血がなくなりますよ。

投稿者 もり歯科医院