歯の豆知識

2016年11月 7日 月曜日

CAD・CAM冠て、なに?セレックて、なに?

「CAD・CAM冠て、なに?」
こんにちは!院長の森です。秋も深まりストーブが恋しい季節になってきましたが、皆様はお元気でお過ごしですか?
ところで、CAD・CAM冠と言うのをご存知ですか。日本語にすると、コンピュタ―エイデットデザイン、コンピュタ―エイデットミリング。つまりコンピュタ―により設計し、コンピュタ―により削りだされた被せ物ということです。なにが、今までの被せ物と違うのかと言うと、従来の物は、保険診療の歯でも、自由診療の歯でも、鋳造と言う方法で作られていました。鋳造とは、歯型の中に、高温に溶かした金属を流し込み、冷えて固まった物を、磨いて調整して、歯に装着していました。ですから、溶けて固まる時に、性質が不均一になり、イオンとして流出しやすくなったり、本来の性質より劣化している状態でした。

CAD・CAM冠は、その欠点を克服し、そもそも初めから均一な塊になっているセラミックや金属から、歯の形を削りだす方法なので、出来上がった被せ物の性質は極めて、理想的な物となります。保険適用の物もありますので、スタッフにお尋ね下さい。



投稿者 もり歯科医院