歯の豆知識

2017年1月12日 木曜日

ちゃんと磨いてるのに虫歯になるのはなぜ?

Q:ちゃんと磨いていたつもりなのに、前歯の歯と歯の間に虫歯ができていました。良い磨き方などありますか?


小倉南区で、むし歯の撲滅、予防歯科に取り組む、もり歯科医院の院長 森 裕之です。ちょくちょく聞かれる質問です。磨き残しが有る所にむし歯が出来るのは、ご存知ですね。前歯は奥歯のように噛み合わせの溝もなく、歯ブラシの届きやすい場所なので、磨き残しも少ないのではと思われがちですが、実は前歯にも歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい部分が2箇所あるのです。一つ目は、「前歯の裏側」。

前歯の裏側はくぼんでおり、普通に歯ブラシをあてただけではキチンと汚れを落としきれません。
二つ目は、前歯に限った事ではないのですが、汚れが溜まりやすいのが「歯と歯の間」です。

上の写真は、歯と歯の間にむし歯が出来ているケースで、怪しいので、少し削ってみると、やはりむし歯はかなり大きく中で、広がっていました(下の写真)。

予防法としては、前歯の裏側のくぼみには、歯ブラシを縦にあてて掻き出すように振動させたり、ワンタフトブラシを使うと良いでしょう。歯間の汚れを掻き出すには、普通の歯ブラシだけでは不十分。歯間ブラシやデンタルフロス等を活用して、歯間の汚れをシッカリ掻き出します。思った以上に食べかすが残っていてビックリしますよ。またフロスに残った汚れを臭うとすごい臭いがすることも、、、、。前歯が虫歯になって削ることにでもなれば、見た目も良くないですね。目につく場所ですので、念入りに磨いて磨き残しをなくしましょう!それから当たり前ですが、甘いもののだらだら食いに注意してください。

投稿者 もり歯科医院