歯の豆知識

2017年6月29日 木曜日

6歳臼歯(第1大臼歯)大切さ

 今日は、小倉南区で、6歳臼歯の虫歯予防に取り組む、歯医者さんの森です。 今回は6歳臼歯(第1大臼歯)大切さ について、お話ししようとおもいます。
 6歳の頃に、乳歯の一番奥に生えてくる歯を6歳臼歯(第1大臼歯)といいます。永久歯の中で最も早く生えてくる歯です。下の写真は、5歳ぐらいのお子さんの下の歯の写真で、全て乳歯です。奥歯の溝の黒い部分は、強力な虫歯の進行止めである、サホライドの銀が染み込み、むしばを押さえている所です。治療が怖くて、歯を削ったり、詰めたり出来ないお子様に、有効な治療法です。

その後、1年ぐらいして、乳歯の奥に、6歳臼歯の頭が見えてきました。

この歯は、永久歯のかみ合わせを決定付ける基準となる歯で、噛む力が一番強く一生使用しないといけないとても大切な歯です。
ところが、この歯を健康に維持するためのメンテナンスはとても難しいものです。その理由は・・・
☆乳歯の一番奥にあるので歯ブラシが届きにくい 
☆噛み合わせの溝が深いため汚れが溜まりやすい
☆他の歯と同様、生え始めはエナメル質も柔らかく、虫歯になりやすい
この歯を守る、最も有効な手段がシーラントです。汚れが溜まりやすい溝を、あらかじめブロックしてしまいます。
先ほどのお子さんも歯が生えたすぐに、シーラントを行いました。

溝に、汚れがたまりにくくなっているのが、分かると思います。最近では、このシーラントの中に、フッ素が多量に含まれている物(コンシールF)も出でいて、歯の質も強化される仕組みです。
もし、虫歯などで6歳臼歯を失うことになると、噛む力は一気に低下します。特にお子さんが幼いうちに失い放置しておくと、その後の永久歯の歯列や、顔の形、噛み合わせに悪影響が出る可能性があります!大切な6歳臼歯、ぜひ周りの大人が守ってあげてくださいね。
 最も大切なのは、定期的な歯のチェックで、シーラントが外れてないか、ハミガキが出来ているか確めます。
半年ぐらい、検診に来ていないと、この様になることも有ります。

子どもさんが幼いうちは、毎日の仕上げ磨きで磨き残しをチェックしてあげてくださいね。

投稿者 もり歯科医院