院長コラム

2017年8月17日 木曜日

ICOI 日本支部設立総会に出席いたしました。

 先日、ICOI 日本支部設立総会に出席いたしました。ICOI とは、世界最大のインプラントの学会で、International Congress of Oral Implantologistsの略です。
10年以上前に、認定医の資格を取っていたのですが、更新を忘れていて、今回資格を更新いたしました。

3日間に渡り、講演が行われましたが、どの内容も素晴らしく、とても勉強になりました。

金曜日の更新セミナー(1)では、前顎咬合学会の理事長 渡辺 隆史 先生による「インプラント周囲炎時代のインプラントの咬合 」
更新セミナー(2)では、河原 英雄 先生による「50年の臨床を振り返って 」
更新セミナー(3)では、ニューヨーク大学 教授 Dr. Ady Paltiによる「Aesthetic considerations in full arch restorations" a step by step concept for the Implant Office 」
のお話がありました。


尊敬する熊本の吉永先生ともお会いでき、久しぶりに吉永節を堪能いたしました。

二日目は、
海外招待講演として、南カリフォルニア大学 教授 Dr. Thomas J. Hanによる、「Importance of Restorative and Functional Diagnosis for Predictable Surgical Management in Complex Esthetic Cases - Minimally Invasive Approach 」
の講義を一日中聞きました。

三日目は、特に依頼講演(2)の「抜歯後即時埋入-限界と可能性-」 林 揚春 先生の講演
依頼講演(3)の「デンタルインプラントに伴う上顎洞合併症とその治療 」 佐藤 公則 先生(佐藤クリニック耳鼻咽喉科・頭頸部外科・睡眠呼吸障害センター 院長)が
とくに為になりました。

前歯部の唇側のカウンターについては、分かってはいたのですが、改めて、府に落ちました。サイナスのトラブルについては、その原因と対処法が特に良く理解できました。何か有ったら佐藤先生にお願いしようと思いました。
北九州市八幡で、インプラントで有名な矢野先生も参加されていました。

北九州市小倉南区で、インプラントを勉強しているつもりでしたが、やはり、東京の大きなインプラントの学会は、凄く刺激になりました。







投稿者 もり歯科医院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30