院長コラム

2018年2月 6日 火曜日

北九州インプラント研究会の特別講演

小倉南区の歯医者、もり歯科医院の森です。先日、北九州インプラント研究会で、奈良の堀内 克啓先生をお呼びし、特別講演をして頂きました。堀内先生は、世界的インプラントロジストですが、10年近く、我がインプラント研究会の為に、寒い中来て頂いております。


今回は、「GBRを失敗しないポイント」と題しまして、骨補填剤の選択から、膜の選択、それを絡めた術式まで、懇切丁寧に解説して頂きました。文献に裏打ちされた理論が、圧倒的な臨床力によって証明されていました。毎年感嘆させられるばかりです。少しでも堀内先生に追いつけるよう、インプラントの技を磨きたいと思いました。
思い切り、勉強した後は、これまた例年どうり、門司の、枕潮閣にて、天然のとらふくを堪能しました。ここは伊藤博文も愛用した由緒あるみせで、関門を眺める景色も絶景です。

見事なねぎに、思わずシャッターを切る、堀内先生。黒崎で、インプラントで有名な矢野先生(右手前)が、「ふぐじゃなくて、ねぎですか?」と突っ込みを入れておりました。

前北九州インプラント研究会の渡邊先生とのツーショットですが、皿の大きさが分かると思います。細いねぎを捲いて、小ねぎたっぷりのもみじおろしで食べるふぐ刺しは、絶品中の絶品。ヒレ酒をお代わりしてしましました。

明日は、戸畑の中尾先生のインプラントセンターで、堀内先生のOPEが行われます。おいしいふぐを堪能し、明日の手術見学に備えようと思います。

投稿者 もり歯科医院

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28