院長コラム

2016年2月15日 月曜日

シロナの福岡支店でセレックのセミナーがありました。

 小倉南区で、セレックを導入した、もり歯科医院の、森です。先日、シロナの福岡支店でセレックのセミナーがありました。
講師は、東京医科歯科大学非常勤講師の風間先生でした。話がとてもおもしろく、ますますセレックに対する興味と、信頼が増しました。最短1時間で、治療が終わる理由と、テクニックを披露していただきました。

補綴物set後の写真が、すごくきれいだったのですが、研磨の道具と、研磨のやり方が、ハンパなくこだわっていました。

風間先生のこだわりの道具です。これで研磨するとこの様にきれいになります。
きれいに研磨が出来ると、プラークがつきにくく、二次カリエスになりにくいみたいです。

こんなにきれいになりました。私も、この様なテクニックを身につけたいと思います。
セミナーの内容で、衝撃的だったのは、セレックブロックは、30年で、90%の成功率を誇るそうです。
これは、セレックブロックが、歯の硬さと同じに調整されているからだそうです。私が信頼をしていたゴールドは、そんなに長持ちしないと言うデータも示されていました。

日本で、最も有名な、審美歯科の先生、山崎先生もセレックユーザーです。
日本で、最も有名な、予防歯科の先生、熊谷先生もセレックユーザーです。
ついに私もセレックユーザーになりました。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年2月 3日 水曜日

堀内先生のOPEが井上秀人歯科で行われました②

 最新のテクニック、ソーセージテクニック。詳しくは語れません。

手術を終えて、一息つくメンバー

最後に、記念撮影をして、有意義な一日を終えました。
堀内先生、来年も宜しくお願い致します。
それから、井上先生と、スタッフの皆様、ありがとうございました。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年2月 3日 水曜日

堀内先生のOPEが井上秀人歯科で行われました。

前日の、北九州インプラント臨床研究会特別講演会に引き続き、大雪のなか、堀内先生のインプラントOPEの見学会が井上秀人歯科、新OPE棟で行われました。1月24日です。
朝は、大変な事になっていました。

一時間かけて、やっと自宅から、井上先生の新OPE室へとたどり着きました。
第一助手には、北九州インプラント臨床研究会の会員である、児玉先生が務めました。

麻酔は、九州歯科大学の椎葉先生が勤め、最強の布陣で、行われました。

我々は、セミナールームで、OPEの生中継を見ながら、質問したり、ディスカッションを行いました。
セミナールームには、コーヒー、お茶、お菓子などが用意され、コーヒーが無くなると、井上先生のスタッフが、すぐに御代わりを持ってきてくれました。細やかな気遣いに大変感動しました。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL