院長コラム

2016年3月26日 土曜日

米国オゾン療法学会認定セミナー、アジア初開催に出席

 欧米では半世紀の歴史があるオゾン療法のセミナーが3月20、21日、秋葉原コンベンションホールで開催され、出席いたしました。点滴療法研究会が主催する「第1回オゾン療法マスタートレーニングコース」は、米国オゾン療法学会が認定したセミナーで、アジア初の開催。昨年より点滴療法研究会に入会し、高濃度ビタミンC点滴の認定医を取った私ですが、今回は、血液オゾン療法の認定医を取得すべく、先ずはこのセミナーに参加しました。

 このセミナーでは、米国オゾン療法学会のフランク・シャレンバーガー会長が講演し、オゾン療法を治療に取り入れようと考えている120人が受講した。内科医や外科医、精神科医などが三分の二、私を含めた歯科医などが三分の一でした。

 オゾン療法は、患者から採取した100ml~200mlの血液にオゾンガスを接触させ、オゾン化させた後、点滴で体内に戻すもので、酸化ストレスが減少し、免疫力がアップする免疫系刺激療法です。歯科医の立場からすると、歯石除去後の、菌血症を防いだり、インプラントや、その他の手術の成績を上げたりと、魅力的な治療法です。私自身、疲れが取れなかったり、肩こりがひどいので、是非取り入れたいと思っています。

 点滴療法研究会の柳澤厚生会長は、「オゾン療法は副作用も少なく安全。施術医師を増やし、国内に広めたい」と語っておられました。

柳澤厚生会長とフランク・シャレンバーガー会長

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年3月24日 木曜日

血液オゾン療法を学ぶ為、スタッフと秋葉原へ。

先日、血液オゾンバイタル療法を学ぶ為、スタッフと秋葉原に行きました。
さすがに、秋葉原、様々な人たちがいました。

駅を出て左手には、巨大な看板、国民的地下アイドルって何?
最近は、歯並びが悪い若者が増えているので、仮面の下の歯並びが気になります。


丁度その左手下に、AKBのグッズを売るカフェがありました。行ってみたい気持ちを、ぐぐっと我慢。

その対面あたりに、今回のセミナーの会場である、秋葉原コンベンションセンターがありました。
全面ガラス張りで、とてつもなく大きくて、きれいなビルでした。

駅を出て、徒歩1分、ものすごく便利なばしょにあります。
2日間、しっかり勉強がんばろうと思います。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年3月 9日 水曜日

KIGの懇親会で、門司にふぐを食べに行きました。

 1月の堀内先生のインプラントの特別講義の後、KIGの懇親会で、門司にふぐを食べに行きました。
雪が舞い散る中、ジャンボタクシーに乗り、和布刈神社の中にある、沈丁郭というお店に参りました。

趣のある座敷で、関門橋の真下にあります。プライベートで、いいことがあったらしく、ぐびぐびヒレ酒を飲む中尾先生。
見事なふぐ。堀内先生の嬉しそうな顔を見てください。OPEの時の鬼気迫る表情からは想像も出来ないくらいの笑顔です。白子、から揚げ、鍋、雑炊とどの料理も絶品でした。ヒレ酒も飲みやすく香ばしくGOODでした。
たくさん食べて、明日のインプラントOPEに備えましょう。

来年の再会を近い、楽しい夜をすごしました。とても美味しかったです。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年3月 9日 水曜日

今年のひな祭りの飾りは可愛くてすごくいいです。

 小倉南区で、ホワイトニング,インプラントなどをしております、もり歯科医院の森です。
いつもスタッフが、待合室の模様替えをしてくれたり、季節に合わせて、飾りつけをしてくれます。

今年のひな祭りの飾りは可愛くてすごくいいです。

待合室のトイレのペーパータオルの上に置いてある飾りです。
心がなごみますね。

もうすぐ桜の季節ですね。なぜか、ねこが、、、、、。
いつもいろいろと工夫をしてくれているスタッフに感謝です。
ありがとう。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年3月 1日 火曜日

県歯会館で、学校歯科の基礎研修を受けて来ました。

北九州市小倉南区,貫で、もり歯科医院を開業している、森です。
学校歯科の校医をして、10年以上になりますが、初めて、基礎研修を受けました。
この様な、プログラムで、行われました。先ず、教育基本法の話が出てきたのですが、改めて読むと、とてもいいことが書いてあります。

学校歯科保険は、この様な精神で、行われなければいけないという話でした。
検診の注意点や、変更点、協力医の先生との打ち合わせの仕方の話がありました。
それから、学校においてのセミナーや教育講演もやってみたいと思わせるテーマでした。
半日の講演を受講して、無事終了証を受け取る事が出来ました。

終了後は、理事の原野先生、黒木先生と、食事をしながら、歯科全般に対して、さらに深い議論をおこないました。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL