院長コラム

2016年12月19日 月曜日

美山亭なかむらで杉本先生の歓迎会を行いました

 北九州市小倉南区で、インプラントの普及に努力している歯医者、もり歯科院の森です。先日、私どもの患者様でもある、美山亭なかむら様を訪問し、杉本先生の歓迎会を行いました。

自宅を改装して料亭を開いているらしく、手作り感あふれる看板が目にはいります。風情のある庭を抜け、玄関を入ると、おしゃれなリビングが広がっていました。

前菜は、季節感あふれる物が並びました。

どの料理も美味しかったのですが、特にくらげの酢の物が歯ごたえがあって絶品でした。

刺身は新鮮で、カボスの風味がたまりません。

とにかくうまい!!

ホイル焼きが、野菜と魚の組み合わせが、絶妙。

大将の手打ちらしく、めちゃくちゃうまい!!

みんな、かなりお中が膨れている様子。

松茸の土瓶蒸しに、最後にちらし寿司まで出て、大大満足のコース料理でした。
値段もとてもリーズナブルで、是非また来ようと思います。
中村さんの旦那様の働いている姿が、とてもかっこ良かったです。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2016年12月 6日 火曜日

新しいGBRとサイナスリフトの方法を勉強して参りました

先日、オステムジャパン主催のセミナーで、新しいGBRとサイナスリフトの方法を勉強して参りました.
講師は、吉祥寺セントラルクリニックの洪 性文先生と、デンタルチームジャパンの金山 健夫先生でした。
一日目は、洪 性文先生によるグラフトレスのサイナスの話と、CGFのデモが行われました。
遠心分離機の中で、採血管のゴムが飛ぶトラブルは有りましたが、とても価値ある内容でした。
CGFはよしどめ歯科で、習い導入しているのですが、今回改めてその利用の仕方と、有用性を再確認しました。

この模型は、頬側の骨欠損に対し、インプラント埋入後、AFGとバイオスを混ぜて固まったものを填入し、その後ヒーリングアバットメントを装着、バイオガイドをトリミングしたものをその上から被せ、さらにその上からCGFの膜を乗せて、垂直マットレス変法で、縫合したものです。今回の実習で、AFGが早く固まる理由や、応用のコツが良く解りました。GBRを行い、1回法でやれるのなら、患者様、術者にとって大きなメリットがあると思いました。

翌日は、デンタルチームジャパンの金山 健夫先生による、LAS KIT,KAS KITを用いた、サイナスリフトの実習でした。卵を使用した実習から、様々な模型を使用した実習を行いました。実習の内容が解り易く、とても充実していて、自分でも上手くやれる自信が付きました。今回早速、両方とも購入いたしました。また、金山先生のEBMに基づいた講義や、豊富なスライド写真に圧倒され、とても内容の濃い2日間でした。

金山先生は、フランクで、エネルギッシュな方で、たちまちファンになりました。また、メールによる質問にも丁寧に答えて頂きとても感謝しております。明日からの臨床に直結する、とても有意義なセミナーでした。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL