院長コラム

2017年2月27日 月曜日

上田塾25周年、記念講演会が行われました。

先日、JR九州ホールにて、上田塾25周年、記念講演会が行われました。全国より著名な先生が来てくださりました。下川公一先生、私の九大の先輩である、水上哲也先生、超こだわりの白石和仁先生、咬合の師匠である、筒井照子先生どなたの講演もすばらしかったです。

会場の入口は、並べ切れないほどのお花でした。

さすがに上田秀朗先生の人望が厚く、600人に迫る参加者が集まりました。

会場は、大盛況でした。河原先生が話した、上田先生の学生時代のエピソード凄かったです。5年生の時に河原先生のオフィスに行って、「将来インプラントで、飯を食いたいので、インプラントを教えてください」と申し込んだそうです。
ものすごい先見の明のある人だなと思いました。

初日の記念パーティーも様々な話題で盛り上がりました。私が卒業して26年、上田先生の所を辞めて開業して、今年で、22年目になります。私も上田先生のところで、働いたから、インプラントに一生懸命取り組むようになりました。そして塾を通していろんな事を教えていただき、またいろんな人に巡り合わせって頂いて、とても成長できたと思っております。


最後は上田先生のお話で、締めくくられました。今までの学術の集大成の様な素晴らしい講演でした。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL

2017年2月15日 水曜日

井上秀人歯科で、ライブOPEが行われました

北九州市小倉北区の井上秀人歯科で、堀内先生によるライブOPEが行われました。大変勉強になりました。


新設されたOPE棟のオペ室において、左上6番のサイナスリフト、ソーセイジテクニックによる垂直的GBRの技を見ることが出来ました。


ライブ会場(研修ルーム)と
オペ室との、音声の不具合は有りましたが、スタッフの見事なフォローで、無事にコミュニケーションが上手く取れました。
相変わらずの素晴らしいもてなしを受け、ゆったりと手術の模様を見学できました。
古市先生や、三宅先生の息子さんも来られ、いつに無く活気があふれていました。

第一助手には、堀内先生の指名で児玉先生が入りました。コピオスを使用した
ソーセイジテクニックは、2度目の見学でしたが、膜を固定するピンが素晴らしく、早速購入を決めました。オープンブックテクニックや、ソーセイジテクニックに対する知識も随分と深まりました。

熱気にあふれるライブ会場

最後はみんなで、記念撮影。東京の岩本先生もいますね。ますます、小倉南区で、インプラント治療をがんばって行こうと決意しました。

投稿者 もり歯科医院 | 記事URL