HOME > 入れ歯・インプラント

入れ歯

入れ歯のイメージ

当院では保険適用の入れ歯から、高品質の入れ歯まで各種取り揃えて治療を行っています。
患者さまの歯や口腔内の状況や、ご要望、ご予算なども考慮しながら、最適な入れ歯治療を行います。

当院の主な入れ歯の種類
金属床

床の部分が薄い金属なので、口の中が広く感じられ、食事が美味しく感じられます。

マグネットデンチャー

残っている歯と入れ歯に磁石を入れ、磁力で固定します。金属で固定するタイプの入れ歯ですと残っている歯に負担がかかりますが、磁石の場合はその負担が軽減されるメリットがあります。

ノンクラスプデンチャ―

入れ歯を固定する金属のバネが外から見えないので審美性に優れています。
また薄く装着感に優れます。

ほか保険適用の入れ歯

プラスティック素材の床のものを使用します。保険適用なので安価に作成できるのがメリットですが、床が厚くて違和感がある、食べ物の味や温度が分かりにくくなるなどのデメリットもあります。

インプラント認定医だから安心
『インプラントオーバーデンチャー』
『インプラントオーバーデンチャー』のイメージ

総入れ歯が必要な方にお勧めなのが、「インプラントオーバーデンチャー」です。
2~4本分のインプラントの歯根を埋め込み、その部分に入れ歯を固定する技術です。
総入れ歯の場合、装着感や安定感が気になりますが、2本でもインプラントを入れると装着感や安定感が格段に高まります。
当院の院長はインプラント認定医なので、インプラント治療に関してはご安心ください。

院内の技工室で、専任の技工士が作成・調整します

当院内には技工室があり、専任の技工士が常駐しているので、入れ歯の作成や調整がスムーズにできます。

インプラント

「第2の歯」ともいえる満足感 インプラント治療なら認定医がいる当院におまかせください
インプラントのイメージ

インプラントとは、チタン製のネジのようなものを顎の骨に埋め込み、骨と結合させて人工歯を取り付ける治療です。
大きな特徴は、入れ歯と違って自分の歯のように噛めること。さらに他の歯に負担をかけることなく、見た目の美しさも優れているのがメリットです。
外科的な手術を伴いますが、とても小規模な手術ですので安心です。
当院にはインプラント認定医がおりますので、お気軽にご相談ください。

当院のインプラント治療の特徴
実績豊富なインプラントの認定医が担当します

当院の院長は、「ICOI国際インプラント専門医学会 認定医」「IPOI近未来オステオインプラント学会 認定医」です。
インプラント治療の実績も多数あるので安心です。

被ばく量が少なく正確な診断ができる歯科CTを使用

インプラント手術を行う際、歯を支える骨や神経の状態、骨密度などの情報を知ることが重要となります。当院では被ばく量が少なく、詳細な検査ができる歯科CTを導入しているので、正確な診断が可能です。

骨の結合を促進し回復を早くする「PRPテクニック」を導入

インプラント治療では、インプラント本体が顎の骨と結合するかどうかが一番のポイントです。
そこで当院では骨の結合を促進する「PRPテクニック」をいう療法を取り入れ、スムーズな治療を目指しています。さらにこの療法は術後の痛みや腫れを最小限に抑える効果もあり、早い回復が期待できます。
 最近では、ニューヨークヤンキースの田中 将大投手が、肘の治療の為に、PRP療法を取り入れ、一躍注目をあつめました。

インプラント治療終了後のアフターメンテナンスの充実

インプラント治療が終わった後はメンテナンスが大切です。
口腔内に虫歯や歯周病があるとインプラントにも悪影響を及ぼしてしまします。
当院では予防医療にも力を入れておりますので、しっかりアフターメンテナンスいたします。

インプラント治療の流れ

インプラント治療にはいくつかの工程があります。
個人差はありますが、トータルで約3カ月~1年未満の治療期間がかかります。

メンテナンス

治療完了後も、インプラントの質を保つために定期的なメンテナンスを行います。
当院規定のメンテナンスを受けて頂いた方には、インプラントの5年保証、10年保証も
行っております。安心です。


インプラントについて、更に詳しくお知りになりたい方は、当院の北九州インプラントガイド(インプラント専門サイト)をご覧ください。

➤ 患者さまからのお声
➤ よくある質問集


など、掲載しています。

北九州インプラントガイド もり歯科医院監修