HOME > 小児歯科・小児矯正

お子様をお持ちの保護者の方へ

小児歯科のイメージ
小児歯科

1歳半からを対象に、虫歯や歯周病にならないための予防健診を行っています。
ブラッシング指導や食生活指導などご家族に対してのアドバイスも行っています。

小児矯正のイメージ
小児矯正

お子さまの不正咬合を予防するためには、幼少期に矯正を行っておくのが効果的です。
乳歯と永久歯の両方が生えている時期(混合歯列期)に適切な処置を加えることで、正しい噛み合わせに導くことができます。
http://www.kokura-kyousei-sika.com/menu/kodomonokyousei.html

当院で行っている小児矯正の種類
マウスピース

マウスピースを装着することで、歯や歯茎に力を加え、歯並びを整えていきます。

床矯正

口腔内に装置を設置し、顎を広げる治療です。

マルチブランケット

ワイヤー装置を通して歯並びを矯正していく方法です。

保定装置

歯並びを整えた後でそれを維持するための保定期間に使用します。

抜かない矯正「床矯正」がお勧めです

入れ歯のような取り外し可能な装置を使用する矯正法です。人前で外すこともできますが、装着時間が短いと効果が弱まるので注意が必要です。
また床矯正の大きな特徴は、「歯を抜かない」ことが前提にあるということです。健康な歯を抜かずに矯正ができるのがメリットです。

当院では、妊婦検診も受け付けております。